愛知県名古屋市守山区白沢町 ゆとりーとライン川村駅1分「サルース白沢歯科クリニック」歯科|小児歯科|矯正歯科|歯科口腔外科

ホーム顎関節症が引き起こす症状について

顎関節症が引き起こす症状について

口呼吸と歯並び

顎関節症とは、口を開閉したり、物を噛んだりした際に、不快感や痛みがある機能障害のことです。

その顎関節症は、全身にも様々な疾患をもたらします。
一見すると、顎関節症とは無関係な症状も、もしかすると顎関節症の疑いがあるのです。

下記にて、顎関節症が引き起こす症状について説明いたします。

・肩こり

噛み合わせでズレを起こしてしまうと、僧帽筋といった頭部のバランスを支える筋肉に負担がかかってしまいます。
そのような負担が常に筋肉に緊張を与え、肩こりになってしまうのです。
また、噛み合わせがズレることにより、頚椎のズレにも繋がってしまいます。
この肩こりの症状というのは、顎関節症で多く見られる症状です。

・口が開かない

正確にいうと、口をまったく開けないのではなく、指を縦にして2本以上入れることができない状態を指します。
正常の場合だと、口を開けるときに下顎頭が前に出るのですが、顎関節症の場合は、この下顎頭が間接円盤の下にもぐり込むことが難しくなるのです。
この口が開かないというのは、顎関節症の典型的な症状といえます。

・頭痛

頭痛にも様々な痛みや不快感がありますが、常時、頭が締め付けられる感覚があったら、それは顎関節症からくる頭痛の症状といえます。
正常の場合だと、顎を動かす際に側頭筋や咬合筋に負担がいき、顎間接への負担は多くありません。

それが食いしばりや歯ぎしりにより、側頭筋に大きな負担を与えてしまい、それが頭痛となるのです。
側頭筋に常時、痛みや不快感があるなら、それは顎関節症からくる頭痛といえるでしょう。

・耳の痛み

顎関節症は、耳の痛みも引き起こします。
食事をするときには物を噛むため、顎に対して大きな力がかかります。
しかし、歪んだ顎関節で物を噛むと、歪みが顎関節を形成している側頭骨に伝わります。
そして、側頭骨自体も歪みを引き起こし、耳の痛みへと発展するのです。

 

このように、顎関節症というのは様々な症状を引き起こすのです。
これらの症状は非常に辛いものとなります。
そのため、上記の症状が見られた場合には顎関節症の疑いがありますから、早めの治療が大切です。

 

当歯科クリニックは名古屋市守山区にて、顎関節症治療を行っています。
しっかりとヒアリングをし、患者様に合った顎関節症治療をさせていただきます。
駐車場付で、川村駅からも近いので、ストレスフリーで病院に通うことが可能です。

名古屋市にお住いの方はもちろん、春日井市周辺にお住いの方で、そのような症状に悩まされていましたら、ぜひ当歯科クリニックにご相談ください。